外壁が張られた。

台風一過の3連休の日曜日、八ヶ岳は久しぶりに完璧な姿を見せてくれました。

 業者さんから「・・・現場は外壁材作業がほぼ完了、ユニットバス設置、床下点検口も明けましたので、これから床材貼りなどに進みます。電気配線も進めてます。・・・」というメールをもらっていたので、この日は行きの高速道路からワクワク、ドキドキ。

 外壁はいろいろ迷った挙句にガルバリウムにしました。様々なメーカーから選んだのは旭トステムのDanサイディング。ジオストライプsのエストブルー(青)とプレシャスウッドⅡのプレシャスベージュ(木目調)。自分なりに納得のいく選択ではあるけれど、イメージと違ったらどうしよう・・・。そんな気持ちで現地へ。

  

 現地へ到着すると、外壁はまだ張っていない場所もあり作業の途中でした。でも、全体像はわかりました。イメージ通りで良かった・・・。

 西、南、北の三方向に張った「エストブルー」は思っていた以上に濃いブルーでした。かなり「青」よりも「黒」に近いと感じました。旭トステムのカタログに「エストブルー」の施工例が無くイメージできなかったのですが、黒の窓枠とも馴染んでいていい感じでした。

 ジオストライプは「2種類の傾斜がつくり出す独創的なデザイン。明るさや見る角度によって、表情の違いを楽しめます。」とカタログに書いてありました。上と下の画像は同じ窓を写しているのですが、外壁の表情は違うように思います。

玄関側から。光の加減でほとんど黒く見えますね。

 東側(八ヶ岳側)の 「プレシャスウッドⅡ 」木目調のガルバリウムですが、木の質感が思っていた以上に出ていて、遠目ならば本物の木に見えるかも。

とにかく、イメージ通りで良かった・・・。外壁を張り終えて足場が取れた別荘の姿を早く見たいです。

  

「早く完成しないかなあ・・・」 byキャンディ

2件のコメント

黒のガルバニウム貼り,良いですね。 冬でも寒くなさそうです。
外壁が出来ると,天候に関係なく工事が進みますね。
お風呂から八ヶ岳が見えるのも素敵です。
これから完成に向けて,更に楽しみですね。

 やはり黒に見えますよね。もともと「エストブラック」や「エストガンメタル」も候補だったのですが、お隣さんが黒なので、差別化するために「エストブルー」を選びました。結局、想像以上に黒かったので元に戻った感じです。もしかすると足場が取れて太陽の光を浴びればもう少し青く見えるのかもしれません。いずれにしても落ち着いた感じで、窓枠の黒とも合っているので気に入っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です