うつむく向日葵

 たてしな自由農園原村店。富士見へ行くと必ず立ち寄ります。

新鮮な野菜や果物がいっぱい。

となりにあるひまわり畑が満開ということで見に行きました。

 

でも・・・。

この日は曇り空。ひまわりはみんな下を向いちゃっています。

 そもそもひまわりは「向日葵」という名前の通り太陽の動きにつれてその方向に花が動く植物です。 朝には東を向いていたのが夕方には西を向く。日没後はまもなく起きあがり、夜明け前にはふたたび東に向く。 そんなイメージがあります。しかし、この動きは成長が盛んな若い時期だけのようです。 蕾がが大きくなり花が開く頃には生長が止まるため動かなくなるようです。完全に咲いた花は東を向いたままほとんど動かなくなります。実際、このひまわり畑の花は体(茎?)はみんな八ヶ岳の方向(東)を向いています。

・・・ということは、太陽が出ていないから下を向いているのではなく、咲き疲れて体力がなくなったから下を向いてしまったのか・・・。それとも雨粒を避ける何らかの機能が働いて下を向いているのか・・・。

太陽が顔を出したら、このひまわり達は上を向いてくれるのだろうか。

 ちょっとわかりません。 

 

 

 

 

 

 

 

 そんな中、かなり前向きな(上向きな?)1本を見つけました。

勇気づけられます。見習わなければ・・・。 頑張れ~~。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です