この場所にたどり着くまで ⑨

契約手続きがスタートした。

我々夫婦(買主)、売主さん、業者さん、宅建取引士さん(実は業者さんの奥さん)、司法書士さんがデスクに着席。それぞれの自己紹介から始まった。売主さんはもともとこの富士見町にいた人で、今は東京在住。優しそうな人柄でちょっと安心。

重要事項説明書の読み合わせが始まった。宅建取引士さんが、丁寧に読んでいく。事前に郵送されて来たものは一通り読んで頭に入れてきたつもりだが、なにしろこういう手続きをするのは初めての体験。難しい言葉が並んでいて理解できない部分がある。途中、いくつか質問をしながら進んでいく。おそらく的外れな質問だったはずだが、業者さんや司法書士さんが丁寧に説明してくれる。少しの休憩をはさんで、次は契約書の読み合わせ。説明が一通り終わって時計を見ると5時前。みっちり2時間、書類と向き合っていた。その後、書類に押印。妻と二人、業者さんに言われるがままに印鑑を押し続けた。

これで手続き終了。手付金、仲介料を支払いやっとこの物件が自分たちのものに。そんなに実感がわいたわけではなかったが、とりあえず安堵。

その日は諏訪の温泉に宿泊し、近くの居酒屋で妻と2人で祝杯をあげた。(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です