青空と一面の黄色い花

 夏、青い空と一面の黄色い花。最高の組み合わせです。

 エコーライン沿いのひまわり畑です。高台にあって、向こうに南アルプスの山々が見えます。

 昨年はたてしな自由農園原村店の隣りにひまわり畑があったのですが、今年はとうもろこし畑になってしまっていました。残念に思っていたところ、自由農園からエコーラインを少し茅野方向に行った場所にあると知り、早速行ってきました。

 たくさんの人が来ていましたが、みなさん道路側から西方向に向かって写真を撮っているので、人が写り込むことなく、満開のひまわりの写真を撮ることができました。

 高原に風が心地良く吹いていました。

      

 ところかわって、富士見パノラマリゾート近くの草原。

 富士見の町を挟んでひまわり畑の反対側。向こうに八ヶ岳が見えます。一面の黄色い花。とても綺麗です。

 オオハンゴンソウです。

 オオハンゴンソウと言うと、「北の国から」で正吉が蛍にプロポーズする時に贈った大量の花というイメージがあるので、北海道の花だと思っていました。でも、全然違います。環境省指定特定外来生物なのです。繁殖力が高く、刈り取っても根が残っていれば生えてくる厄介な植物です。八ヶ岳付近の自治体でも駆除を進めたり、駆除ボランティアを募集したりしています。

 黄色くて綺麗なのに。霧ヶ峰のニッコウキスゲと同じように美しいのに・・・。誰が日本に持ち込んだのか、どこから持ち込まれたのか知りません。八ヶ岳界隈でもどんどん繁殖している様子。車で走っていて目に入ってくる黄色は、かなりの確率でオオハンゴンソウです。

 自分のふるさとで咲いていれば黄色い綺麗な花だと大切にされていたはずなのに。日本にやって来て厄介ものに・・・。

 ちょっと切ない気がします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。