ハニカムスクリーンと郵便ポスト。

 この春、買いそろえたものがいくつかあるので紹介します。

 1つ目は窓のカーテン。いくら山の中の山荘でも前の道を通る人もいるし、お隣さんもいます。窓から中が丸見えは余りよろしくないということで、カーテンをつけることになりました。茅野市にある「インテリアショップゆうあい」さんにお願いしてコーディネートしてもらい、いろいろ話をする中で、和室とリビングはカーテンではなく断熱性に優れているハニカムスクリーンにすることにしました。製品はニチベイのハニカムスクリーン「レフィーナ45」です。

 和室のハニカムスクリーンです。和な感じと半分巻き上げた時のグラデーションが素敵です。

 リビングのハニカムスクリーンです。断熱性に優れているので薪ストーブの暖かさが逃げません。カーテンだと布が風によって薪ストーブに近づく恐れがあるので防火の点でも安心です。朝陽も完全にシャットアウトできます。

 ハニカム構造は普通横から見た時正六角形になっているそうなのですが、ニチベイ「レフィーナ」のこだわりは下の画像のように室内側と屋外側のプリーツの山の高さが違うD型ハニカム構造だそうです。これによって室内側のプリーツの形を保つことができます。

 浴室はTOSOのアルミブラインド「ベネアル25」です。

 本当は2階にもハニカムスクリーンを設置したくて見積もりをお願いしたのですが、完全に予算オーバー。泣く泣く1階だけにして、二階はまた今度ということに・・・。

 

 2つ目は郵便ポスト。実はこの別荘、建築中から電気料金が発生しています。その電気代の請求はがきがの届く場所が無く、業者さんが受け取って家の中に放り込んでおいてもらっていました。さすがに申し訳ないので早く設置しなければと常々思っていたのですが、先日ナフコ茅野店に行った時にイメージぴったりのポストに遭遇・・・。「ヤマソロ スタンドポスト Lon」です。アンティークな汚し加工が素敵です。衝動買いしてしまいました。 

 郵便ポストの色と質感が、家の壁とマッチしています。ちなみに「MAIL BOX」は自分で貼り付けました。ちょっと曲がっていますが、この方が味があって良いと思いませんか?

 下の矢印の部分には、表札代わりに(我が家にはまだ表札がありません)名字をローマ字で書いておきました。

いろんなものがひとつひとつ揃っていきます。楽しいです。まだまだ欲しいものがあるのですが、財布と相談しながら必要な物から順番にゆっくりと・・・。

2件のコメント

はじめまして。はじめましてコメントさせて頂きます。以前からお家ができていく過程を、楽しみに読ませて頂いています。我が家も同じ町内にセカンドハウスがあります。お家のインテリアを考えるの楽しいですよね。ハニカムブラインドも素敵です。ブログ楽しみにしています。

はじめまして。同じ富士見町内にお家があるという事は、どこかで出会っているかもしれませんね。家のインテリアは少しずつ充実させていくつもりです。何か有益な情報があったら教えて下さい。これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。