窓サッシの発注

 工事が進み建材の発注が始まりました。

 建材屋さんから最終確認のメールが届きました。

「お盆明けにサッシ発注したいと思います。下記の内容を決めていただきたく、添付の図面と明細を含め確認お願いします。①  サッシ色 外観、内観 ② ガラスの種類、透明 、型(ザラザラで中が見えにくいタイプ)どちらか片方だけ指定頂いても構いません。③ その他 希望等       別件で○○様(業者さんのこと)より屋根の色を教えて下さいとの事です。この件は直接お願いします。」

 サッシについては以前検討しました。内観、外観を指定していなかったので以下の様に返信しました。

「添付された図面と明細を確認しました。基本的に提案の通りでお願いします。

①サッシ色について   

外観については以前お伝えした通りですが、内観は決めていなかったと思いますので以下の通りでお願いします。

  東側(八ヶ岳側)    外観:シャインブルー 内観:プレシャスホワイト

  北側、西側、南側   外観:ブラック    内観:ブラック

②ガラスの種類について

 「透明」でお願いします。

③その他の要望はいまのところありません。※屋根の件は○○さんに直接メールしておきます。」

  

メールを送信した時点で重大なミスがあったことに気づきませんでした。ミスは建材屋さんの次の返信で発覚します。

 

「ありがとうございます。すみません念のためですが、脱衣、トイレも 透明でよろしいですか?

 

・・・やっと気づきました。脱衣所やトイレが外から丸見えでいけません。しかも、「型ガラス」という言葉を知らなくて、最初のメールの「 型(ザラザラで中が見えにくいタイプ)」という表現を理解できていなくて、 以下のような意味不明のメールを送信してしまいました。

  

「ご指摘ありがとうございます。浴室(AW-5)は八ヶ岳を見たいので「透明」でお願いします。脱衣所(AW-6)、洗面所(AW-7)、トイレ(AW-8)は「型(ザラザラで中が見えにくいタイプ)」に変更してください。よろしくお願いいたします。」

 

後から調べたら、「型ガラス」はくもりガラスのひとつでした。摺りガラスという言葉もありますが型ガラスと摺りガラスは構造上違うもののようです。勉強になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です