八ヶ岳旅行(1日目)

 一泊二日で八ヶ岳方面へ旅行に行ってきました。「旅行まで八ヶ岳って・・・どこまで八ヶ岳が好きなん??」という突っ込みが聞こえそうですが、今回の旅の目的は、僕の母親と妻の母親に購入した八ヶ岳の土地を見せることです。僕の母親は以前購入した土地に連れて行ったことがありますが、その日は生憎曇りでいわゆる八ヶ岳ブルーと呼ばれる綺麗な八ヶ岳の姿をまだ見ていません。妻の母親は初めての富士見です。二人ともかなり高齢で足元もおぼつかない状況ですが、喜んで参加してくれました。妻の弟くんも途中から合流することになり総勢5名となりました。

 旅行初日は生憎の雨。妻と僕の母親と3人で家を出発し、妻の実家に寄って妻の母親を車に乗せて中央道を長野方面へ。中津川あたりまでは、桜がほぼ満開状態。小雨の中でも春の風情を感じることができました。しかし、恵那山トンネルを越えたあたりから桜の花は咲いておらず、つぼみがほんのりピンクになっているぐらい。諏訪インターで高速を出て原村方面へ。

 手打ちそば香草庵で昼食を摂り、たてしな自由農園で買い出し。お土産や宿で飲むためのワイン、朝食のオープンサンド用に新鮮な野菜をたっぷり買いました。そこから富士見町の八ヶ岳カントリーキッチンベーカリーへ行き、食パンと甘いパンを購入。この日は雨なのと老人を二人連れているので早めに宿に入りゆっくりすることにしました。

 予約したのは「ネオオリエンタルリゾート八ヶ岳高原」

 フロントでチェックインを済ませ点在するコテージへ移動。イングリッシュガーデンと呼ばれるエリアの中にあるD棟キングスクロスへ向かいます。この日は雨で、二人の母親が階段が滑り、降りて建物へ入るまでがとても大変でした。本当はフロント棟のレストランでフレンチを予約しておいたのですが、出入りが大変なのでチェックアウトまでずっとコテージの中で過ごすことに決め、夕食をケータリング変更することに。フロントに電話をすると無理なお願いだったのにも関わらず快く対応していただいたスタッフの皆さんに感謝でした。

 夜には仕事終わりに雨と霧の中を愛知から車で駆けつけてくれた妻の弟くんと合流。妻と3人、昼に買ったワインで飲み明かしました。(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です