別荘の建築模型が完成。

一昨日から作り始めた別荘の建築模型が完成しました。・・・とは言うものの不器用な人間が作ったものですから、出来上がりはお恥ずかしいもので自慢できるようなものではありません。でも、作成の途中で気づくことがたくさんあり、全体像が見えてくるという意味ではお勧めです。別荘に限らず家の建築を考えている人は、ぜひ自分の手で作ってみてください。

1階の、リビングからウッドデッキに出る扉や窓は図面に書かれていないのでのっぺらぼうです。ウッドデッキが思っていたより狭く、バランス的にもう少し前に広げたいと思いました。

屋根の形から2階の洋室はコンパクトな感じです。収納は押し入れ的に布団などを入れられそうです。

吹抜けから薪ストーブの煙突が上がってくるはずですが、薪ストーブと煙突は今回は作っていません。次回作にはぜひ作りたいです。薪ストーブ1つあれば、家中暖まる構造にはなっているとは思います。2階売洋室の吹き抜け部分は手すりがつく設計です。

1階はこんな感じ、風呂場、洗面、トイレは壁で仕切ってあるだけ・・・。扉がない。

2 件のコメント

  • 模型ができると、実感がわきますね。 素敵な出来上がり、最近はフィリーウエアでも3Dで間取りが作れるものがありますが、やはり手で触れるものですと実感が違いますね。
    準備段階で楽しんで、実際にできてゆく過程も楽しくて、出来上がればさらに楽しみが深まりますね。

    薪ストーブの位置に吹き抜けがあるのですね。 これならば煙突の取り回しでも、熱の対流もよさそうです。 

    • コメントありがとうございます。実は今が一番楽しいのかもしれません。いろいろやりたいことがいっぱい出てきて、充実した毎日です。次から次へと出てくる課題を解決しながら進んでいく、まるでロールプレイングゲームのようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です