薪ストーブを設置したい ①

 ずっと前から別荘に薪ストーブを設置したいと思っていました。妻があまり乗り気では無い感じだったので諦めかけていたんですが、急に風向きが変わりました。きっかけは土地の契約に行った日の午前、お隣さん(になるはずであろう人)に挨拶に行った時に薪ストーブについていろいろ教えてもらったこと。(この場所にたどり着くまで⑧参照)妻が俄然その気になり、薪ストーブが欲しいと言い出しました。やっぱり、実際に見せてもらって、見た目もかっこいいし、「とても快適。冬でもTシャツで過ごしている」なんて言われると欲しくなりますよね。

 薪ストーブといっても様々なメーカーがあり、製品があります。ヨーロッパの製品が主流なので、名前が難しい。インターネットで調べてみるのですが、見れば見るほどわけがわからなくなります。そこでどんな薪ストーブが欲しいのか自分なりにまとめてみることにしました。

①インテリアとしてリビングでの存在感がある。重量感のある大きめのもの。デザインはクラシカルなもの。  

②料理にも使えるもの。輻射式で天板が料理できるぐらい暖まるもの。

③1台で別荘全体を暖められる出力をもつもの。

④操作が難しくないもの

以上の条件をみたす候補が下の3つの薪ストーブ。

「ネスターマーチン S43」

「ヨツール F500」または「ヨツール F400

「ドブレ760WD」または「ドブレ640WD」

これらの薪ストーブを軸に購入計画を立てていこうと思っています。

・・・ということで、今度の3連休は、薪ストーブ専門店に行くつもりです。(つづく)

4件のコメント

正に今、ドブレ640WDを軸に検討しているところです。
3連休のストーブ選択過程を期待しています。

コメントありがとうございます。薪ストーブの専門店で実物を見るのが楽しみです。ネスターマーチン、ヨツール、ドブレに決まるのか。はたまた、全然別のものになるのか…。専門家の意見をしっかり聞いて決めていこうと思っています。その過程をこのブログで書き綴っていきます。ドブレを軸に検討中ということですが、ドブレの魅力を教えていただければ嬉しいです。

ドブレの魅力は❓とのことですが・・・
すみません、正直なところコスパです。
あと、山荘サイズ(120㎡位)とストーブ置き場のサイズとのバランスです。
8000~9000キロカロリーの暖房能力で右側に薪の投入口のあるものの中で検討。
尚且つ鋳物製でチョイスすると、定価32万円のドブレのバランスがいいような気がしています。

コスパ大事ですよね。僕も同じようなことを考えています。見積を取って見て総額で予算内に納まるか。それで決めることになるような気もしています、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です