内装工事が始まった。

 工事は着々と進んでいきます。夏前の停滞していた時期と比べるとスピード感が違います。富士見に行く度に建物はどんどん変化しています。他の部屋に先んじて玄関と洗面所・脱衣所・トイレなどの水回り部分の内装工事が始まり、天井と壁と床にクロス張りが完了しました。

 玄関には白いクロスを張りました。小上がり和室からの明り取りと、この白い壁で玄関が見違えるように明るくなりました。

 先週は箱に入れたままの状態であったトイレ設置されていました。壁紙は妻の提案で薄い緑にしました。カタログだけで決めて、奇抜な色合いになるのではないかという不安もあったのですが、現物を見るととても落ち着いていて良い感じに仕上がっていました。妻のセンスに脱帽です。トイレのスペースは一畳分あったのですが、この一畳が思いのほか広くて良かったです。

 洗面所も設置途中の様です。壁は白、床はトイレ・洗面所・脱衣所ともに黒のクッションフロアになっています。建築関係の雑誌(もしかするとネットで見たかも・・・)に、黒と白の素敵なコントラストの写真があってそれを参考にさせてもらいました。

 風呂場の手前の脱衣所です。ここも白と黒のコントラストでまとめました。

 工事の手順の関係で業者さんに、先に玄関と水回りをと言われて選んだものです。カタログには、種類がたくさんありすぎて何を決めたのか十分把握していない部分もあります。カタログに付箋を貼っていくのですが、付箋が多すぎて訳が分からなくなったこともありました。だから、実際に出来上がって、結果を見ると嬉しいというかホッとするというか不思議な気持ちになります。

 

 先週から今週にかけて、1階のリビングダイニングと2階の洋室のクロスを選びました。どんな感じになるのか、今からドキドキワクワクです。それについては、次の機会に・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です