足場が撤去された。

 昨日、土曜日に業者さんから、メールが来ました。

「本日キッチン設置してます。ベランダも作ってます。明日は所用でお会いできませんので、本日現地内に壁紙見本帳を置いておきます。・先に水回り(この前床材をお選びいただいた部分)の壁、天井材をお決めください。便器等設置前に壁を仕上げたい為です。和室や、リビング、2階はまだ後でも構いません。流し台の上のキッチンパネルですが、八ヶ岳側壁は出入り口の枠まで伸ばして設置させていただきますのでご了解ください。壁紙選びの際の注意点として、あまり薄いものは下地の不陸が見えやすいのでご遠慮ください。広い面(天井、壁等)連続して施工する部分は柄合わせが大変なので注意してください。尚、和室の障子戸のデザイン案も置いておきますので検討ください。玄関周りの形状を変更したので、南側の障子戸が3枚引き込みができないため、4枚か2枚になりますのでこちらもお決めください。八ヶ岳側は3枚のままですが、冷蔵庫の後ろ部分の1枚は障子でも良いですし、前面板張りも可能ですのでご検討ください。」

 先週富士見で打ち合わせた時に、今週も行くと言った覚えは無いのですが、業者さんは毎週来るものと思ってみえるようです。確かにカタログを別荘に置いておいて現地で確認しながら色や材質を考えるのは合理的ではあります。

 先週の段階で足場を撤去し、ウッドデッキの工事に取り掛かるという話だったので、別荘の全体像が見えるはずです。

 いつもどおり朝早く出て、富士見に到着すると雨。八ヶ岳は雲に覆われ全く見えません。

 

 

 ドキドキしながらいつもの山道を登った先に、雨の中、別荘は姿を現わしました。

    

 東側①(八ヶ岳方向)

 

東側②(八ヶ岳方向)

 

西側(玄関)

 

北側

 

南側

 

 昔、この日が来るのを夢見て作成した建築模型と同じ形です(当たり前と言えば当たり前?)。ウッドデッキも手摺と階段以外は出来上がっていて、感動です。少し夫婦で感慨にふけった後、雨も強いので中に入ろうとすると・・・。

 

事件が起こりました。(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です