IL FAGGIO(イル ファッジョ)

 緊急事態宣言が出ている期間も、業者さんとの打ち合わせや進捗状況の確認のため毎週のように富士見に行っていました。不要不急ではないと思いながらも県境を越えることに罪悪感も感じていました。そこで、我々夫婦の中でルールを作りました。飲食店や道の駅などに立ち寄ることはやめ、できるだけ人と接触しないようにしました。朝早く自宅を出て、昼食を食べて帰路につくというパターンが多かったのですが、昼食については以下のような感じでした。思いつくままに書き並べてみます。

・コンビニで弁当を買い、別荘で食べた。

・中央道原PAでソースカツ丼と山賊焼きカレー(妻)を買って車の中で食べた。

・帰る途中のスーパーで弁当を買って、岡谷湖畔公園で食べた。

・おぎのや諏訪店で峠の釜飯を買って、諏訪中央公園で食べた。

・岡谷の清水屋川魚店でうなぎのかば焼きを買い、すぐ近くのほっともっとで白飯を買い、中央道に乗って辰野PA でうな重にして食べた。(これはちょっと贅沢、美味しかった。)

・・・という事でずっと飲食店には立ち寄っていなくて、このブログでも紹介できなかったのですがやっと解禁です。

  

 先日、3人で富士見へ行った時に立ち寄ったのが、「IL FAGGIO」。この店は、富士見町のKAGOME野菜生活Farmという施設の中にあります。 

 この店に来るのは2回目です。最初に来たのは昨年の秋。まだ、別荘の土地探しをしていた頃でした。その頃は、まだブログもやっていなかったので紹介できなかったのですが、美味しかったことを覚えています。今回は、母親も連れて来たこともあり再訪しました。

 地元の旬の食材やカゴメの素材を使ったイタリアンの店です。

 今回はセットメニューの「Aコース」を注文しました。3人で別のものを頼んでシェアすることにしました。

 前菜は「8種類の前菜盛り合わせ」を2つと「ベビーリーフと生ハムサラダ」、パスタ・ピッツアは ピッツアの「マルゲリータ」 と「マリナーラ」、パスタは本日のパスタから「季節の野菜のパンチェッタのアーリオオーリオ」を選びました。さらに、ドルチェの「トマトティラミス」を付けました。

ジャガイモの冷製スープ。味が濃くてクリーミーで、野菜の甘さをしっかり感じることができました。

8種類の前菜盛り合わせ 。

ベビーリーフと生ハムサラダ 。生ハムの塩味がベビーリーフに良く合っていて美味しかったです。量が多く食べ応えがありました。

マルゲリータ 。ごめんなさい。写真を撮る前に3人が手を伸ばしてしまいこんな姿に・・・。生地がパリパリで、トマト・チーズとの食感がたまりませんでした。 KAGOME野菜生活Farm の周りは一面のトマト畑。トマトは絶品です。

マリナーラ 。ガーリックが効いていました。ここはタバスコが置いてなくて、唐辛子入りのオリーブオイルがありました。このオリーブオイルをかけるとさらに美味しくなりました。

季節の野菜のパンチェッタのアーリオオーリオ 。見た目よりさっぱりした感じで食べられました。美味しかったです。店員さんが余ったソースをピザのふちの部分にけて食べると美味しいと教えてくれました。絶妙でした。ピザが大きかったので、十分に楽しめました。

ドルチェのトマトティラミスとコーヒー。 オレンジ色はトマトパウダーだそうです。 ティラミス としてはとても美味しいのですが、味の中にトマトの存在感があまり感じられないような・・・。

 緊急事態宣言が解除されて、この日は結構混雑していました。名前を書いて約30分待つことになりましたが、待った価値のある料理だったと思います。

 近いしお手軽なので別荘生活が始まってからも、何度も訪れそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です