足場が設置された。

 お盆休みという事で、渓流釣りへ行きました。春に釜無川の年券を買ったので富士見の釜無川、武智川で一応竿を出しましたが案の定釣れず・・・。結局、別荘建築現場へ。(今年は釣りに気合が入りません。最初から別荘の現場の確認目当て???)

 

 別荘に着くと、建築工事用の足場が設置されていました。 足場には階段があって簡単に登ることが出来ます。早速登ってみました。

階段の一番上から屋根越しに八ヶ岳を望む眺めです。

 前面の足場から見た風景です。この風景が2階の洋室の窓から見える景色になるはず・・・。今までとは違う新鮮な眺めです。「八ヶ岳を見下ろす感じ」と表現すると大げさかな・・・。風も気持ちよく、結構長い時間、ここから八ヶ岳を眺めていました。幸せな時間でした。

この日は、作業をする人は誰もいませんでした。お盆休みに入ったようです。

 

 愛知の自宅に帰り着いた時、業者さんからメールが届いていました。

「昨日、工務店、設計、当方が現地で打ち合わせし、足場業者への施工指示をしました。屋根の解体などの作業も踏まえて、希望の仮設足場案を提示し、昨日完成しました。2階部分、デッキ部などについては再度足場をかける予定で進めております。」

やっぱり、お盆前の作業は昨日で終了でした。

お盆が明けたら、外壁と屋根かな。

2件のコメント

八ヶ岳が窓から見えるのですね,季節により姿が変わるので見飽きないでしょうね。 物件探しの時でも,不動産屋が八ヶ岳が見えると2割増しと言っていたのを思い出しました。 台風が来ないうちに外装が終われると良いですね。

 この土地の購入を決めた一番の理由が「八ヶ岳が見える」という事でした。2階の窓からの眺めは図面を作成する時からこだわってきました。その風景が現実のものとなりつつあり、少し感慨深いものがあります。この場所に出会ってもうすぐ1年が経ちますが、八ヶ岳はまだまだ色々な姿を見せてくれそうで楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です