2020年のまとめ

 未曾有のコロナ禍にみまわれた2020年。仕事もストップし、苦しい状態が続きました。マスク、手洗い、消毒・・・、日々の生活も新しい様式に変わりました。決して良い年とは言えないけれど、我が家にとっては、別荘生活という長年の夢をスタートした年でもありました。このブログで紹介した別荘購入と、ボロ屋のリフォームについて時系列にそってまとめておきたいと思います。

2020年8月30日(日)

富士見町に最初の下見。田舎暮らしのインターネット情報で気になる物件を探しに行く。アポなしのため、物件見つからず。付近の看板により、取扱業者さんの連絡先をゲット。

9月5日(土)

業者さんに電話連絡。9月21日(月)に物件を案内していただくことになる。ネット上の物件以外にも紹介できる物件があるという情報を得る。

9月21日(月)

富士見町の2つの物件を見学。ネットで調べた土地も広くて日当たりもよくそこそこ良かったが、2つ目に業者さんに連れて行ってもらった、高台の八ヶ岳の見える土地とボロ屋の景観の素晴らしさに感激。ほとんど即決状態で決める。

10月11日(日)

前回紹介された土地を夫婦二人と母とキャンディーを連れてもう一度下見に行く。業者さんには連絡せず、土地とその周辺を見学。途中、ご近所さんとも出会い別荘生活の話も聞く。この時点で迷いはなくなる。偶然、業者さんと出会い購入の意思が確定したことを伝える。

10月31日(土)

富士見森のオフィスで契約手続き。業者さん、司法書士さん、売主さんが出席。手付金、仲介料、印紙代支払い。

11月1日(日)

ブログ開設。

11月2日(月)

EXELで作成した大まかな間取り図を業者さんに送信。

11月6日(金)

土地代、所有権移転費用などを銀行振り込み。

11月10日(火)

送信した間取り図をもとに設計士さんが作成した改修案が届く。

11月22日(日)

午前中、伊那市の薪ストーブ専門店「North Field」へ。薪ストーブについての情報収集。

午後、富士見町の物件へ。業者さんを交えて第一次改修案の修正をする。

11月26日(木) 12月9日(水) 12月14日(月) 12月22日(火)

メールのやり取りで何度か改修案の修正を繰り返す。

まだまだ修正は続く。

12月20日(日)

クリナップの名古屋ショールーム「KITCHEN TOWN NAGOYA」へ。キッチン、流し台、風呂の詳細を決定。

夏からスタートした別荘の物件探しも、時系列に並べてみると結構タイトなスケジュールでした。でも、まだまだ道の途中。2021年は、着工、完成、引っ越しの年です。まだまだやることがいっぱいあります。良い年になるといいなあ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です