立面図が送られてきた。

 業者さんから立面図が送られてきました。これでやっと建物の全体像がつかめそうです。平面図だけでは窓の位置や形がよくわかりませんでした。立面図を見ると、窓から八ヶ岳の景色がよく見えるように配置されていて、リビングにも光が入ってきて明るくなりそうです。2階の洋室からも八ヶ岳がしっかり見えます。楽しくなりそうです。以前からの課題としては、ウッドデッキをもう少し広くできるといいのですが・・・。ウッドデッキの下のスペースも、薪置き場、キャンディーの寝場所などいろいろ活用できそうです。薪ストーブの煙突がなんかかわいい。

 横の壁の様子がわかったので、この立面図をもとに、新しい別荘の建築模型をつくろうかな・・・。

2件のコメント

図面が出きてくるとワクワクですね。
今更 参考になるか不明ですが、下記の本は私にはずいぶんと参考になりました。

お近くで20年くらい前に別荘を、老後の為に建てた人のお話で、建築や内装が中心です。

八ヶ岳暮らし―山麓に永住山荘を建てる 単行本 – 2001/5/1
宮崎 光

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です