下道(したみち)を走る。

 コロナの状況が厳しい中、県境をまたいで富士見の建築現場に進捗状況を確認しに行っているので、できるだけ人と接触しないよう心掛けています。妻も「今回はやめとく」と言ったので、一人で朝早く家を出て、飲食店にも立ち寄らず、愛知でコンビニ弁当と飲み物を買って・・・という感じで富士見に向かいました。

 せっかく行くのだからと考えついたのが、愛知から富士見まで高速道路を使わずに行ってみるという計画です。これから先も愛知と富士見を往復することを考えると、片道約5000円の高速代はバカになりません。少しでも下道を走って節約したいと思っていました。今回は一人のお気楽ドライブなので、一度実験してみることに。

 朝6時、車に乗り込みナビで「一般道優先」でルート検索すると、出てきた数字が、

 距離 215㎞ 所要時間 7時間25分 

えっ・・・。予想外に時間がかかる・・・。到着が13時25分。 詳細なルートを見てみると

 愛知からひたすら国道19号を走り、中津川、木曽福島を越えて藪原の手前で右折し権平トンネルを抜けて伊那市に出る。そこから国道361号で高遠まで行き、国道152号で杖突峠を通って富士見に行くルートでした。ちなみに、高速を諏訪南ICまで使う「推奨ルート」は              

 距離 211㎞ 所要時間 3時間3分 

ナビの速度設定もあるので実際はもう少し早く到着するはずですが、それにしても一般道だけのコースは時間がかかりすぎます。

 そこで、「できるだけ一般道を使う」という事にして導き出したルートが

  愛知からひたすら国道19号を走り、中津川へ。中津川ICから飯田ICまで高速道路を使い、飯田から国道153号で伊那市に出る。そこから国道361号で高遠まで行き、国道152号で杖突峠を通って富士見に行く

というルートでした。   

  

 このルートでひたすら下道を走り・・・

 

富士見の別荘にたどり着いた時の、車の表示が下の画像です。

   距離 213.6㎞ 所要時間 4時間12分 

疲れはあまり感じませんでした。時間が余裕があれば、下道を使ってもいいかな・・・。

ちなみに帰りは、諏訪南ICから高速に乗りました。結果が下の画像。

   距離 209.7㎞ 所要時間 2時間34分

 

 1時間半の時間をかけて、約4000円の高速代の節約。これはどうなのか?いずれにしても、貴重なデータを得ることが出来ました。

全然関係ないけど、画像を見て富士見の気温が20℃だったことに気づきました。何気なく撮った楓の写真も少し色づいているような・・・・。秋の気配。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です