蕎麦にしむら

 この蕎麦屋さんは日曜日が定休日。仕事の都合上日曜に富士見に来ることが多いのでなかなか食べに行くことが出来ませんでした。冬場はお休みされていたようですし、たまに他の曜日に来ても、駐車場が空いていなくて、外に行列ができていたりして縁が無いのかなと諦めていました。今回、たまたま開店時間(11時)に前を通って駐車場が空いていたので入ってみたら一番乗りでした。

 店内にはジャズが流れ、小洒落た雰囲気。富士見付近の蕎麦屋さんは高級感がある洒落た感じの旅行者が好きそうな更科系の白い蕎麦の店と、地元の人達に愛される黒い田舎蕎麦の店に二極化しているような気がします。この店は前者。どちらが良いというのではなく両方好きです。

 優しそうな定員さんにそば定食(2200円)を注文すると、朱色のお盆にのった薬味と汁と煮物が出てきました。

 最初に出てきたのはそばがき。出汁が効いていて蕎麦の風味が感じられてとても美味しい。普段単品でそばがきを注文したことがなくねっとりとした食感は初めてでした。

 蕎麦はつるっとした食感。喉越しが良い感じ。そばつゆもライトな感じ。美味しくてあっけなく食べ終わってしまいました。量的には物足りないかも・・・。

 かやくご飯は味がしっかりしていて美味しかったです。

 蕎麦湯はさらさら系でした。

 デザートは隣で娘さんが経営している「キャトルセゾン」のものです。黒板の5種類のスイーツから選択します。「ババロア~富士見産3種のジャム添え」を選びました。

 出てきたババロアがこれ。コーヒーも付いています。甘酸っぱくてとても美味しい。理想的・・・。

 とても美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

 この日は一人で来たので、妻と母親に「キャトルセゾン」で土産に桃のショートケーキとブラウニーを買って帰りました。妻はブラウニーを気に入ったようで「今まで食べたブラウニーの中で一番美味しい。今度絶対買いに行く。」と言っていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です